前園真聖が困惑…5人制サッカーは「サッカー、フットサルどっちが有利?」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

前園真聖が困惑…5人制サッカーは「サッカー、フットサルどっちが有利?」

イベント スポーツ

5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
  • 5人制サッカー「F5WC」記者発表会(2016年7月25日)
5人制サッカー大会、「F5WC 2016-2017」が10月から開催される。日本での一般参加者エントリーが始まる7月25日、東京・渋谷で記者発表会が行われた。

F5WCは2013年にドバイでスタートした、16歳以上のアマチュア選手を対象にした世界規模の5人制サッカー大会。今大会は全6大陸32カ国で予選大会が開催され、各国の代表が中国・北京で開催される世界大会への切符をかけて戦う。

発表会には第1回大会よりアンバサダーを務めている、元サッカー日本代表の前園真聖氏が登場した。

「徐々に参加チームも増えてきて、この大会に参加する意義を皆さんもわかってきたのだと思います。僕もプライベートでフットサル、サッカーをする機会がある。楽しんでやるというのも大事ですが、真剣にプレーする場所、日本代表を目指せる場所はそんなにない。アマチュアの選手にとって、目指すべき大会になってくればいい」と大会の魅力を語る前園氏。

前回は決勝大会、鹿児島予選を見たという。元Jリーガーや、フットサルを経験したプロの選手も参加しているが、そういう選手がいるチームが必ずしも勝てるわけではないと話す。

フットサルコートでサッカーボールを使ってプレーするF5WCにおいて、サッカーに慣れているプレーヤー、反対にフットサルに慣れているプレーヤー、それぞれにメリットデメリットがあると前園氏は指摘する。

コートはフットサルコートなので、サッカーに慣れたプレーヤーにとってはスペース的にやりにくい部分はある。ただ、扱うボールはサッカーボールなので『ボール』に限った点ではやりやすい。

反対に、跳ねず、小さいフットサルボールに慣れてきたプレーヤーにとっては、サッカーボールに慣れることが必要だと話した。

「サッカー、フットサルをやってきた選手たちがうまく融合してチームになっているところは、前回大会を見ていても強いという印象を受けました」

「サッカーに慣れている人、フットサルに慣れている人、どちらが向いている?」という質問を受けた前園氏。「う~ん、どっちが向いているいうことはないが、このスタイルに慣れることが大事。戦い方は、フットサルの戦術をしているところ、それとは関係なく、個人の能力で戦うところもあった。色々な戦い方があった方が、大会としては面白いと思います」と唸りながらも回答した。

「フットサル、サッカーの魅力が詰まった大会だと思う。プロになれなかったが、サッカーが好きでずっと続けている人たちにとって、真剣勝負ができる場所があるのは非常にいいこと」

《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top