近畿大学、競泳・アーチェリーがリオ五輪・パラリンピック出場…壮行会開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

近畿大学、競泳・アーチェリーがリオ五輪・パラリンピック出場…壮行会開催

イベント スポーツ
近畿大学、競泳・アーチェリーがリオ五輪・パラリンピック出場…壮行会開催
  • 近畿大学、競泳・アーチェリーがリオ五輪・パラリンピック出場…壮行会開催
  • 近畿大学、競泳・アーチェリーがリオ五輪・パラリンピック出場…壮行会開催
  • 近畿大学、競泳・アーチェリーがリオ五輪・パラリンピック出場…壮行会開催
  • 近畿大学、競泳・アーチェリーがリオ五輪・パラリンピック出場…壮行会開催
近畿大学は、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに出場する現役学生と卒業生の壮行会を2016年7月7日(木)に東大阪キャンパスにて実施した。

現役学生からは、経営学部2年の一ノ瀬メイ選手がパラリンピック競泳女子日本代表として出場。卒業生からは、オリンピックアーチェリー男子日本代表・古川高晴選手、アーチェリー女子日本代表・川中香緒里選手、競泳男子日本代表・入江陵介選手、競泳女子日本代表・山口美咲選手の4名が出場する。

壮行会には一ノ瀬選手、古川選手、川中選手の3名が参加し、理事長や学長をはじめ多くの在学生から激励を受けた。なお、競泳日本代表の2名は代表合宿中のため欠席した。

一ノ瀬選手は、同大学初のパラスイマーで日本記録を5つ持つ。今回が初めてのパラリンピック出場となる。また同大学職員の古川選手は、アーチェリー日本代表で初めて4大会連続オリンピックに出場する。

市ノ瀬選手は「近畿大学体育会水上競技部のスローガン「勝たなおもろない」を胸に、できる限りの準備をしてリオで面白いレースをしたいと思います」とコメント。個人種目での自己ベストの更新と、リレーでチームに貢献することを目標にパラリンピックに挑む。

古川選手は、「アーチェリーは精神コントロールが重要な競技なので、オリンピックの会場でJAPAN のユニフォームを着ていても、いつもの練習場で近畿大学のユニフォームを着ているつもりで、リラックスして試合に挑みたいと思います」とコメントしている。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top