IBF世界ミニマム級王者の高山勝成、近畿大学の練習に参加 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

IBF世界ミニマム級王者の高山勝成、近畿大学の練習に参加

近畿大学は、IBF世界ミニマム級チャンピオン高山勝成とボクシング部が、12月4日に同大学クラブセンターで練習を行うことを発表した。

スポーツ 選手
高山勝成 参考画像(2015年9月27日)
  • 高山勝成 参考画像(2015年9月27日)
  • IBF世界ミニマム級王者の高山勝成、近畿大学の練習に参加
近畿大学は、IBF世界ミニマム級チャンピオン高山勝成とボクシング部が、12月4日に同大学クラブセンターで練習を行うことを発表した。

12月31日に3度目の防衛戦を控えている高山は、試合に向けての調整としてボクシング部と練習を行う。近畿大学は2020年の東京オリンピックに向け、ボクシング部、洋弓部、水上競技部を重点強化指定クラブとしている。

ボクシング部は関西学生リーグで7年ぶりに1部昇格、1年生の峯佑輔が第5回台北市カップ国際トーナメントで優勝するなど、好成績を残している。

今回の世界チャンピオンとの練習を通して技術向上を目指し、リオ五輪、東京五輪でのメダル獲得につなげる。また、ボクシング部4年で前主将の城後響は、プロに転向して試合当日の前座をつとめる。

練習日時は12月4日12:00~15:00。練習場所は近畿大学クラブセンター内のボクシング道場。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top