中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決、結果は1-1 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決、結果は1-1

イベント スポーツ
中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決
  • 中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決
  • 中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決
  • 中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決
  • 中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決
  • 中田英寿VS片山晋呉、念願のゴルフマッチプレー対決
ネスレ日本は、「中田英寿×片山晋呉 ゴルフマッチプレー対決」を2016年7月4日(月)に恵庭カントリー倶楽部にて開催した。

ゴルフマッチプレー対決は、7月29日(金)~31日(日)に行われる「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の一環として開催。大会ホストプロの片山晋呉氏と、デサントゴルフアンバサダーの中田英寿氏が3ホールのマッチプレー形式で対決した。

実施ホールとルールは、長年にわたり片山プロを指導し、中田氏のゴルフのコーチでもある谷将貴プロコーチが決定。両者のゴルフの実力を考慮したうえで、中田氏に毎ホール1打のハンディを与えるエブリワン方式で対決が行われることとなった。

1年半の間、谷コーチとの厳しい練習に励んだ中田氏は、直前に1ヶ月間の合宿を敢行。谷コーチも絶賛するほど技術が向上した。対決当日、初めて公の場でプレーする中田氏は「ギャラリーがいると、本当に緊張する。少しでも勝てるように頑張ります」と語った。

序盤戦は、中田氏がリード。巧みな駆け引きで片山プロを追い込む。しかし、片山プロが最終ホールでバーディを決めて追いつき、結果は1-1のオールスクエア。終了後、中田氏は「マッチプレーは切り替えができるので、僕はマッチプレーが向いてますね」とプレーの感想を述べた。片山プロは、「やっぱりグローバルに活躍していたアスリートですね。オールスクエアに終わったので、次は勝ちたいですね」と中田氏を賞賛。リベンジを誓った。

今後、中田氏がプロゴルファーを目指すか気になるところだが、中田氏は「プロになるという気持ちよりも、今日のように何かの形で試合を行うことを目指したいです」とコメント。「友人の海外のサッカー選手の中でも、ゴルフが好きな選手は多いです。彼らと、いつかゴルフのチャリティーマッチを行おうという話はしていますので、実現できたらいいですね」と語った。

対決の様子は、7月24日(日)11:00~11:54にBS-TBSの大会事前番組にて放送予定。また、大会公式サイトでも公開される。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top