ソフトバンク、今宮健太がサヨナラ打…集中打で5点差を逆転 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、今宮健太がサヨナラ打…集中打で5点差を逆転

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクは6月29日、ヤフオクドームでロッテと対戦。終盤に集中打で5点差を逆転し、最後は今宮健太のサヨナラ打により7-6で勝利した。

1-6と5点ビハインドで迎えた8回裏、ソフトバンクは走者一、二塁の好機を作ると、柳田悠岐外野手が適時打を放って1点を返す。続く内川聖一内野手の適時打を、中堅手の岡田幸文外野手が後逸し、2点を奪う。

さらに指名打者・長谷川勇也らにも適時打が飛び出し、試合を一気に振り出しに戻した。そして迎えた10回裏、今宮健太内野手がサヨナラ打を放って試合を決めた。ロッテは先発の関谷亮太投手が6回1失点と好投を見せるも、リリーフ陣が崩れた。


5点差を逆転した試合に対してファンからは、今宮を賞賛する声などが寄せられていた。








《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top