「女性社長」過去最多33万人、出身1位は6年連続あの大学 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「女性社長」過去最多33万人、出身1位は6年連続あの大学

新着 ビジネス

女性社長数・女性社長率推移
  • 女性社長数・女性社長率推移
  • 女性社長出身校(1~51位)
  • 都道府県別女性社長率
 全国の女性社長は、調査開始の2010年以降で最多の33万2,466人にのぼり、5年間で1.6倍に増えたことが、東京商工リサーチが6月16日に発表した調査結果より明らかになった。出身大学別では日本大学が6年連続トップを維持した。

 全国女性社長調査は、東京商工リサーチ保有の個人企業を含む280万社の経営者情報より、女性社長(病院、生協などの理事長を含む)を抽出、分析したもの。調査は2010年より実施し、今回で6回目となる。

 女性社長は政府の「女性の活躍推進」などを追い風に、2015年は前年比2万2,411人増の33万2,466人にのぼった。産業別に見ると、最多は、宿泊業・飲食業・介護事業・美容関連・教育関連などの「サービス業他」で、13万7,837人と全産業の41.5%を占める。

 出身大学別に見ると、1位「日本大学」326人、2位「東京女子医科大学」262人、3位「慶應義塾大学」246人、4位「早稲田大学」208人、5位「青山学院大学」205人、6位「日本女子大学」183人、7位「同志社大学」150人、8位「共立女子大学」127人。国立大学では、14位「東京大学」99人、24位「九州大学」71人、25位「千葉大学」70人、25位「広島大学」70人、29位「北海道大学」67人が入った。上位30位までに女子大は7校がランクインした。

 都道府県別に見ると、女性社長数がもっとも多いのは東京都の8万6,274人で6年連続トップを維持。ついで2位「大阪府」2万9,472人、3位「神奈川県」2万2,626人、4位「愛知県」1万5,974人、5位「埼玉県」1万4,008人と、大都市が上位に並んだ。

 東京商工リサーチは、政府の「女性の活躍推進」や、自治体・金融機関による女性のプチ企業の支援などもあり、当分は女性社長の増勢が続くと分析している。
《工藤めぐみ@リセマム》

編集部おすすめの記事

page top