中村アン「ムキムキ系の方がいい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中村アン「ムキムキ系の方がいい」

エンタメ 話題

中村アン
  • 中村アン
  • 中村アン
  • 中村アン
  • 中村アン
  • 中村アン
  • 中村アン
 リーボックは「リーボック フィットネス バトルレース」の開催(10月1日)を発表。6月16日に都内でおこなわれた発表会には、モデルでタレントの中村アンが登場し、3メートルの壁を登るチャレンジを実施後、報道陣の取材に応じた。

――普段から体を鍛えているそうですが、どういう所に気をつけていますか?

中村:全身くまなくバランスよくという感じですね。ブートキャンプとクロスフィットと、有酸素と無酸素をミックスしているんですけど、走ったり、二重とびしたり、バーベル持ったり、いろんな組み合わせをやってます。

――いろいろなところが筋肉ついてるんですね

中村:そうなんです。でもやはり、女性は、お腹とか内ももが難しいので、結構鍛えても、いろいろやらないと!という感じです。

――今日もチームの男性3名に助けられながら壁を登りましたけど、ああいう力強い男性はいいなあとか思います?

中村:いいですよね~。やっぱりこの、首の周りとか肩の周りががっしりしていて、いいですね、頼もしい。

――ムキムキ系がいいとか、スラット系がいいとか、あります?

中村:できればムキムキの方がいいですけど…行き過ぎは困りますけど(笑)。元々は、一緒にフィットネスしたいなあ、という気持ちがありますね。

――今日は壁というのがテーマでしたが、ご自身の部屋が片付かないとおっしゃってましたが。

中村:ほんとに、苦手ですね。なんかこう、インテリアとか凝ってやりたいんですけど。

――今までの人生で、一番大きな壁だったな、というのはありますか?

中村:25歳の頃にバラエティに出させて頂くようになった時に覚悟して、将来への不安とか、仕事への不安とか、やっていけるのかという大きな壁がありました。ターニングポイントでした、25歳が。いま28歳なので、ひとつ乗り越えた感じはあります。

――これから、こんな壁が来るんじゃないかな、と思ったりします?

中村:いま新しいことにチャレンジさせて頂いて、クロスフィットも出会ったときは「絶対にできない、こんなトレーニング!」って思ったんですけど、やっぱり全力で頑張ってればできるようになりますし。ドラマなどにも出させて頂いて、違った環境にいくと、違った壁にたくさん出会って、格闘中です。

――こんな壁を越えてみたい、というのはありますか?

中村:壁は高いほうが頑張り甲斐がありますし、どんな壁でも越えたいと思っています。

 中村も応援に駆けつける予定だという「リーボック フィットネス バトルレース」は、苛酷で激しいだけではなく、身体能力を高めるタフフィットネス要素も取り入れ、4人1組のチームでゴールを目指す障害物レース。10月1日にバトルレースパーク(千葉県袖ケ浦市・東京ドイツ村内)にて開催される。

中村アン「ムキムキ系の方がいい。一緒にフィットネスしたい…」

《ダイエットクラブ編集部》

編集部おすすめの記事

page top