メジャーリーグで観客がスーパーキャッチ、球場の視線を独り占め! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

メジャーリーグで観客がスーパーキャッチ、球場の視線を独り占め!

ライフ 社会

MLB公式Vineより
  • MLB公式Vineより
6月16日に行われたメジャーリーグ、フィラデルフィア・フィリーズ対トロント・ブルージェイズ戦でひとりの男性ファンに注目が集まった。

彼が脚光を浴びたのはブルージェイズが攻撃中の一回表だった。打席にはケビン・ピラー。ピラーはカウント0-2から右翼ポール横へ大飛球を放つ。落下地点の近くには女の子を抱いた男性。彼は左腕で女の子を抱えたまま右手一本、それも素手でボールをキャッチした。


捕ったボールを掲げ場内の歓声に応える男性に放送局が話を聞いている。リポーターの「野球をやってたのかい?」という質問に、ブライアンと名乗る男性は「30年くらいかな。打球は普通の外野フライに見えたよ。僕は左利き(右手にグローブをはめる)だから、右手で捕ることは訳なかったね」と話している。

男性は混乱のなかでフライドポテトを失ったが、「それでもリラックスできたよ」とも語った。

突然現れたヒーローに野球ファンからは、「素晴らしいキャッチ」「今夜のベストプレーだね」「パパよく捕った」などの賛辞が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top