錦織圭、逆転でゲリー・ウェバーOP2回戦進出 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭、逆転でゲリー・ウェバーOP2回戦進出

男子テニス世界ランク6位の錦織圭は6月13日、ゲリー・ウェバー・オープンのシングルス1回戦で同29位のリュカ・プイユと対戦して6-7、6-1、6-4の勝利を収めた。

スポーツ 短信
錦織圭 参考画像(2016年6月13日)
  • 錦織圭 参考画像(2016年6月13日)
  • 錦織圭 参考画像(2016年6月13日)
男子テニス世界ランク6位の錦織圭は6月13日、ゲリー・ウェバー・オープンのシングルス1回戦で同29位のリュカ・プイユと対戦して6-7、6-1、6-4の勝利を収めた。

第1セットは相手のサーブに苦しんだ錦織。だが続く第2セットを奪い返すと、第3セットも第7ゲームでブレークに成功。セットカウント2-1で逆転勝ちした。

雷雨のため試合開始が1時間遅れる難しいコンディションだった。加えて錦織は第2セット終了後、左脇腹の異変を訴えメディカルタイムアウトを要求するなど、体調面でも不安要素を抱えていた。

それでも相手のテニスや天候、芝特有の球足の速いボールにも順応を見せ、第2セット以降は勝ちきるテニスができたことは収穫だ。

そのほかの日本勢では予選から勝ち上がってきた102位の杉田祐一が、63位のテイラー・フリッツとシングルス1回戦で対戦したが、第1セットのタイブレーク途中で雨により順延となっている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top