松井秀喜、ヤンキースOB戦で特大弾…2階席に打ち込む | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

松井秀喜、ヤンキースOB戦で特大弾…2階席に打ち込む

スポーツ 短信

松井秀喜がOB戦「第70回オールド・タイマーズ・デー」に出場してホームランを放つ(2016年6月12日
  • 松井秀喜がOB戦「第70回オールド・タイマーズ・デー」に出場してホームランを放つ(2016年6月12日
  • 松井秀喜がOB戦「第70回オールド・タイマーズ・デー」に出場してホームランを放つ(2016年6月12日
  • 松井秀喜がOB戦「第70回オールド・タイマーズ・デー」に出場してホームランを放つ(2016年6月12日
ニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーを務める松井秀喜氏が、6月12日に行われたOB戦の第70回オールド・タイマーズ・デーに出場し特大ホームランを放った。奇しくも42歳の誕生日だった松井、現役顔負けの祝砲で自らお祝いした。

通算194勝を挙げたデービッド・コーンが投手を務めるなか、打席に入った松井は2球目を豪快にフルスイング。打球は高々と舞い上がってライトポール際、2階席に飛び込んだ。この一発に球場は沸き返る。

ヤンキースの球団公式サイトは、「それは素晴らしい感覚だった」と松井の言葉を伝えている。実はヤンキース入団前、ヤンキースタジアムで初めて観戦した試合で投げていたのがコーンだった。

「あの試合を見て、ここでプレーしたいと思った。だから、今回のことは忘れられない記憶になります」

松井の一発にファンからは、「引退して何年か経つのにまだ打てるんだな」「いまだに2階席に運べるのか。感動しちゃった」「松井秀喜は好きな選手だった。もし彼が最初からメジャーでプレーしていれば2000安打、400本塁打していただろう」「松井ほんとはまだできたんじゃないの?」などの声が寄せられている。

現在はマイナー球団で若手の打撃指導をしている松井。指導者としてのセカンドキャリアについて、「今は違う立ち位置から野球を見ている。若い選手のために働くのは楽しい」と語った。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top