高校バスケ・残り0.9秒で起きた奇跡…ドラマチックな大逆転勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

高校バスケ・残り0.9秒で起きた奇跡…ドラマチックな大逆転勝利

新着 製品/用品

高校バスケ・残り0.9秒で起きた奇跡…ドラマチックな大逆転勝利
  • 高校バスケ・残り0.9秒で起きた奇跡…ドラマチックな大逆転勝利
残り0.9秒で起きた奇跡!高校バスケの舞台で起きたドラマチックな大逆転勝利が話題となっているのでご紹介します!

奇跡の舞台となったのは、6月5日に行われた女子バスケットボールのインターハイ予選(山口県)の決勝。紺のユニホームが誠英。白のユニホームが徳山商工です。

63対63の同点で迎えた誠英(紺)のフリースロー。1本目を冷静に決めて64対63と1点をリード。さらに、2本目のフリースローも…。

決まりました!誠英の選手、応援席は勝利を確信して歓喜!!

後がない徳山商工(白)。残り時間は0.9秒。ここから電光石火のスーパーシュートが炸裂します!!動画をご覧ください!※誠英(紺)のフリースローのシーンから始まります。

9番の選手が放ったロングスリーポイントシュート、※ブザービートが見事に決まり、残り0.9秒で奇跡の逆転!!会場全体が興奮のるつぼと化します。バスケは本当に最後の最後まで分かりませんね!

※ブザービート:ピリオドや試合の終了直前に放たれ、ボールが空中にある間に残り時間が0となり、ゴールに入るショットの事を指す。まるでゴールによってブザーが鳴らされたように感じられることからこの呼名がある。

(寄せられていた声)







結果、66対65で大逆転勝利を飾った徳山商工。この勢いに乗ってインターハイでも快進撃を見せてほしいですね!
記事提供:FUNDO

編集部おすすめの記事

page top