パラ・アルペンスキー&パラ・クロスカントリー日本代表、2015/16シーズンを振り返る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パラ・アルペンスキー&パラ・クロスカントリー日本代表、2015/16シーズンを振り返る

スポーツ 短信
パラ・クロスカントリースキー日本代表の阿部友里香(中央)、同代表の新田佳浩(左)、パラクロカンGMの荒井秀樹(2016年5月10日)
  • パラ・クロスカントリースキー日本代表の阿部友里香(中央)、同代表の新田佳浩(左)、パラクロカンGMの荒井秀樹(2016年5月10日)
  • 日本障害者スキー連盟が2015/16シーズンの活動報告(2016年5月10日)
  • パラ・アルペンスキー日本代表の狩野亮(2016年5月10日、日本障害者スキー連盟活動報告会)
  • パラ・アルペンスキー日本代表の鈴木猛史(2016年5月10日、日本障害者スキー連盟活動報告会)
  • パラ・アルペンスキー日本代表の夏目堅司(2016年5月10日、日本障害者スキー連盟活動報告会)
  • パラ・アルペンスキー日本代表の小池岳太(2016年5月10日、日本障害者スキー連盟活動報告会)
  • パラ・クロスカントリースキー日本代表の新田佳浩(2016年5月10日、日本障害者スキー連盟活動報告会)
  • パラ・クロスカントリースキー日本代表の阿部友里香(2016年5月10日、日本障害者スキー連盟活動報告会)
日本障害者スキー連盟は5月11日、東京都内で2015/16シーズンの競技活動報告を行った。パラ・アルペンスキーとパラ・クロスカントリーの日本代表選手たちがシーズンを振り返った。

平昌パラリンピックでメダル獲得を目指す…日本障害者スキー連盟が活動報告

●狩野亮(パラ・アルペンスキー座位 2015/16ワールドカップ総合成績8位)
「3度表彰台に上がることができたが、一番いい色のメダルは獲得することができなかった。しっかり課題を受け止めて、2018年平昌パラリンピックにつながるように頑張りたい」

●鈴木猛史(パラ・アルペンスキー座位 2015/16ワールドカップ総合成績4位)
「今年は総合4位と思ったような成績を残せなくて残念。この結果を反省し、来年はもっといい成績を残したい」

●夏目堅司(パラ・アルペンスキー座位 2015/16ワールドカップ総合成績16位)
「今シーズンは自分の中では振るわなかった年かなと思う。結果を受け止めて、来年は用具や技術に関して色んな課題があるので、それを見つめ直し克服しながら再来年の平昌に向けて一歩一歩、歩んでいきたい」

●小池岳太(パラ・アルペンスキー立位 2015/16ワールドカップ総合成績17位)
「(日本代表は)過去にないほどのサポートを受けて活動している。立位も座位もしっかり結果を出している。私はW杯9位という成績だったが、着実に変革をしている。サポートに感謝して、平昌に向けトレーニングを強化して結果を出したい」

●新田佳浩(パラ・クロスカントリー立位 2015/16ワールドカップ総合成績10位)
「クロスカントリーチームは昨シーズンは強化の年と位置付けた。ドイツ、フィンランドで行われた大会でメダルは獲得できたが、海外の選手たちも強化が進んでいる印象を受けた。2018年まで残り2シーズン、チーム一丸となって頑張りたい」

●阿部友里香(パラ・クロスカントリー立位 2015/16ワールドカップ総合成績10位、バイアスロン立位 同10位)
「今シーズンは自分自身あまりパッとしない成績だった。その中でも内容の良いレースをすることはできたので、来シーズンに向けて頑張っていきたい」
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top