錦織圭、男子テニス世界ランキング6位変わらず…フェデラーが2位に浮上 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭、男子テニス世界ランキング6位変わらず…フェデラーが2位に浮上

スポーツ 選手
錦織圭 参考画像(2016年5月7日)
  • 錦織圭 参考画像(2016年5月7日)
  • ロジャー・フェデラー 参考画像(2016年1月26日)
  • ノバク・ジョコビッチがマドリード・オープンで優勝(2016年5月8日)
  • アンディ・マレー 参考画像(2016年1月21日)
  • ラファエル・ナダル マドリード・オープン(c)Getty Images
男子プロテニス協会(ATP)は5月9日、最新の世界ランキングを発表した。今回も1位はノバク・ジョコビッチで変わらず。3位のロジャー・フェデラーが2位に浮上し、アンディ・マレーが3位に後退した。

2位と3位の入れ替わり以外はトップ10に変動なし。錦織圭は4290ポイントで6位に据え置かれた。年間成績で出場が決まる最終戦「ツアー・ファイナル」へのレースでは、マドリード・オープンの準決勝進出もあり4位につけている。

今回のランキング発表にテニスファンからは、「欠場したロジャーがマレーを抜いてる。いまだにランキングのシステムがよく分からない」「2位と1位の差が9025ポイント?ノバク、マジか?出る大会ほとんど優勝してるじゃないか」「これジョコビッチが首位陥落する可能性ってあるの?」などのコメントが寄せられた。

●主な日本人選手のランキングと獲得ポイント
6位 錦織圭 4290ポイント
88位 ダニエル太郎 614ポイント
104位 西岡良仁 557ポイント
106位 伊藤竜馬 552ポイント
109位 杉田祐一 548ポイント

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top