ジロ・デ・イタリア第3ステージ、キッテルが制して総合リーダーに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ・デ・イタリア第3ステージ、キッテルが制して総合リーダーに

スポーツ 短信
マリアローザを着るマルセル・キッテル(ドイツ)
  • マリアローザを着るマルセル・キッテル(ドイツ)
  • ジロ・デ・イタリア第3ステージ、キッテルが制して総合リーダーに
  • エティックス・クイックステップのマルセル・キッテル(ドイツ)がステージ優勝
  • ジロ・デ・イタリア第3ステージ、キッテルが制して総合リーダーに
  • ジロ・デ・イタリア第3ステージ、キッテルが制して総合リーダーに
  • ジロ・デ・イタリア第3ステージ、キッテルが制して総合リーダーに
  • マールテン・チャリンギー(オランダ)ら4選手が第一集団を形成
  • マールテン・チャリンギー(オランダ)が山岳賞ジャージを獲得した
第99回ジロ・デ・イタリアは5月8日、オランダのネイメーヘン~アルンヘム間の190kmで第3ステージが行われた。エティックス・クイックステップのマルセル・キッテル(ドイツ)が大集団のゴール勝負を制し、2日連続で優勝した。

前日に1秒遅れの総合3位に浮上していたキッテルは、この日の優勝でボーナスタイム10秒を獲得。ジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン(オランダ)を9秒差で逆転して、ピンク色のリーダージャージ「マリアローザ」を獲得した。

「オランダでの3日間はとても誇らしい結果をもたらすことができた。1日ごとに目標を決めて走った。最初はタイムトライアルでいいコンディションを確認すること。2日目はステージ優勝すること。そして3日目はマリアローザを手中にすることだった」とキッテル。

「このピンク色のジャージを手にしてイタリア入りすることをとてもうれしく思う」

キッテルは2014年に北アイルランドで開幕したときも第2、3ステージで連勝しているが、このときは総合1位には立つことができなかった。

山本元喜(NIPPOビーニファンティーニ)は7分39秒遅れの185位でゴール。総合成績は前日の169位から189位に。首位とのタイム差は9分18秒。

開幕からの3日間をオランダで過ごした大会は、5月9日を休息日としてイタリアまでの移動にあてる。レースは10日にイタリア南部で再開される。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top