マーリンズが連敗ストップ、ホセ・フェルナンデスが6回1失点の好投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マーリンズが連敗ストップ、ホセ・フェルナンデスが6回1失点の好投

スポーツ 短信

イチロー 参考画像(c)Getty Images
  • イチロー 参考画像(c)Getty Images
  • 野球ボール イメージ
マイアミ・マーリンズは4月19日、ワシントン・ナショナルズと対戦し6-1で勝利した。先発したホセ・フェルナンデスが6回、3安打1失点、9奪三振、5四死球に抑えチームの連敗を4で止めている。

連敗脱出を託されマウンドに上がったエースは、二回に3四死球で2死満塁のピンチを迎える。しかし、ここは粘るマイケル・テイラーを三振に切って取り逃れた。フェルナンデスは五回に1点を失ったが、毎回の9三振を奪う好投で今季初勝利をマークした。

試合後にフェルナンデスは「試合が進むにつれ調子が上がってきた。ナショナルズ打線はタフなラインナップだった。簡単に取れたアウトなんてないよ」と話している。

連敗を止めたチームにファンからは、「今日は勝てた。果たして明日もうまくいくかな」「ブレーブスにスイープされたのに、ナショナルズには勝つ。どういうこと?」「俺たちはホセが投げるときだけ勝ち試合を見られる」「ありがとうフェルナンデス。いつも君は良い仕事をしてくれる」などの声を寄せる。

開幕から1勝もしていなかったアトランタ・ブレーブスに白星を献上したばかりか、ホームで3連敗を喫していたマーリンズ。この勝利でファンの機嫌も少しは直ったか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top