熊本地震、兵庫県の学校支援チーム「EARTH」が先遣隊を派遣 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

熊本地震、兵庫県の学校支援チーム「EARTH」が先遣隊を派遣

ライフ 社会

震災・学校支援チーム(EARTH)
  • 震災・学校支援チーム(EARTH)
  • 熊本地方を震源とする地震に係る支援について(平成28年4月15日12時30分現在) 出典:熊本県Webサイト 平成28年4月14日(木曜日)に発生した地震について(第4回災害対策本部会議資料)
  • 熊本県
  • 熊本大学
 兵庫県教育委員会は4月15日12時半、熊本地方を震源とする地震の発生に伴い、熊本県内の学校に「震災・学校支援チーム(EARTH)」を派遣する準備をしていることを明かした。同日午後1時に熊本県が明かした第4回災害対策本部会議資料でわかった。

 「震災・学校支援チーム(EARTH)」は、防災に関する専門的な知識や実践的な対応力を備えた教職員のチーム。1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の際、避難所となり混乱した学校へ県内外から多くの教職員が応援に駆けつけた教訓を生かし設立された。現在の活動メンバーは、防災教育推進指導員養成講座(上級編)を修了した教諭、養護教諭、栄養教諭、学校事務職員ら159名に加え、カウンセラー3名を特別構成員とした合計162名。

 EARTHの活動は5つ。中でも、災害発生時には「学校教育応急対策と早期再開」「児童生徒の心のケア」「学校における避難所運営支援」の3つを実施する。4月14日夜に起こった平成28年熊本地震においては、現在緊急連絡網を利用し、派遣可能なEARTH員の把握を行っている。早ければ4月16日、17日の土日に先遣隊を派遣できるよう調整中。先遣隊は東稜高校、益城町管内の学校を中心に対応が検討されており、破損したガラスの片付けや学校運営支援、子どもたちの心のケアを行う予定。

 4月15日12時半現在、熊本県内の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校合計605校のうち318校が休校。熊本大学では教職員2名が軽症を負い、五高記念館の煙突損傷落下が確認された。4月16日、17日のTOEIC-IPテストや一部の催しで中止が決定している。
《佐藤亜希@リセマム》

編集部おすすめの記事

page top