男子ゴルフ・ウィレットがマスターズ初制覇…松山英樹は7位タイで終える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

男子ゴルフ・ウィレットがマスターズ初制覇…松山英樹は7位タイで終える

男子ゴルフのメジャー初戦マスターズは4月10日、最終日のラウンドが行われた。日本勢唯一の出場者・松山英樹は1オーバーの73でホールアウトし、前日からスコアをひとつ落としてイーブンパーの7位タイで大会を終えた。

スポーツ 短信
ダニー・ウィレット
  • ダニー・ウィレット
  • 松山英樹 参考画像
男子ゴルフのメジャー初戦マスターズは4月10日、最終日のラウンドが行われた。日本勢唯一の出場者・松山英樹は1オーバーの73でホールアウトし、前日からスコアをひとつ落としてイーブンパーの7位タイで大会を終えた。

初日に1アンダーで回った松山。2日目、3日目は難しいコンディションの中でパーセーブに成功し、最終日は首位のジョーダン・スピースと2打差の3位でスタートした。

日本人初メジャー制覇の期待もかかった松山だが4、5、6番ホールで連続してスコアを落としてしまう。それでも中盤から後半にかけて3バーディーで再び順位を上げるが、後半に連続でバーディチャンスを逃し優勝争いからは脱落した。

優勝したのはトップと3打差の5位タイからスタートしたダニー・ウィレット。最終日を67で回る猛チャージを見せ、トータル5アンダーで逆転した。イングランド勢のマスターズ制覇は、最終日にグレッグ・ノーマンとの6打差を逆転した1996年のニック・ファルド以来。

前日までトップだったスピースは12番のパー3で2度ボールを池に落とし、このホールだけでスコアを4つ落としトップから陥落。そのまま取り返せず大会連覇を逃した。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top