東京もあと5年で自転車が普及する…自転車王国オランダ公使 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京もあと5年で自転車が普及する…自転車王国オランダ公使

ライフ 社会

オランダ大使館はチューリップでいっぱい
  • オランダ大使館はチューリップでいっぱい
  • オランダ王国大使館のケース・ルールス全権公使
  • 東京もあと5年で自転車が普及する…自転車王国オランダ公使
  • スタート前にベルギー大使やオランダ公使が記念撮影
  • ベルギー大使やオランダ公使も参加した
  • 皇居のパレスサイクリング
  • 東京駅の丸の内側は日曜日にはほとんど交通量がない
  • 日比谷公園でKLMオランダ航空のCAさんにスタンプをもらう
「自転車は健康でしかも経済的。幸せな生活を送るために欠かせないもの」と、オランダ王国大使館のケース・ルールス全権公使。週末の都心部をサイクリングするイベント、「オランダ~ベルギー・フランダース in 東京散走2016」が4月10日に行われ、ゴールとなった同大使館でその魅力を語った。

オランダの1人あたりの自転車所有台数は世界一。平均すると1人1台以上の自転車を保有している。国内には約3万kmにおよぶ自転車道路が整備されるが、国土が平たんであることに加え、海面下の土地が多いことから地球温暖化で海面が上昇することを懸念して、ガソリン税を高く設定している。

「なぜ自転車は大事か。それは健康に寄与する道具だから」と語る大使は、自転車レーンの整備や自転車通勤の奨励で成功した英国ロンドンの例を挙げた。「自転車で通勤するようになって多くの市民が健康になり、ロンドンでは健康保険料が400ユーロも安くなったのです」

さらに自転車はクルマよりも経済的であると指摘し、「通勤や通学で自転車に乗るときは頭を空っぽにして乗ると精神的にもよい効果を発揮する」とも。
「駅まで自転車で行けるエリアは不動産価格が高い。同じスペースの中にクルマの5倍の自転車が駐められる。これから5年のうち、東京ではEバイク(電動自転車)や荷物をたくさん詰めるカーゴバイクが普及していくだろう」
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top