二階堂ふみ、赤ドレス卒業しない!? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

二階堂ふみ、赤ドレス卒業しない!?

エンタメ 芸能

二階堂ふみ/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 二階堂ふみ/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 二階堂ふみ/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 高良健吾/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 大杉漣/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 永瀬正敏/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 永瀬正敏、高良健吾/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
  • 二階堂ふみ/『蜜のあわれ』公開記念舞台挨拶
女優の二階堂ふみが4月2日(土)、都内で行われた主演作『蜜のあわれ』の公開記念舞台挨拶に登壇。本作で金魚を演じた二階堂さんは、赤いドレスに身を包み「今日で私にとっては“赤納め”。赤い気分で劇場を出ていただければ」とアピールした。

室生犀星が、晩年に発表した同名小説を映画化。少女の姿をした金魚・赤子(あかこ)、老作家、老作家を慕う幽霊が織りなす奇妙な三角関係を、作家の芥川龍之介と金魚売りがひそかに見つめる。舞台挨拶には二階堂さんをはじめ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏、韓英恵、渋川清彦、石井岳龍監督が登壇した。

17歳の頃に原作を読み、映画化を熱望していた二階堂さんは「公開を迎えて、不思議な気持ち」。赤いドレスを着てのプロモーション活動もこの日が最後になったが、石井監督から「先ほど、今日で赤納めと言っていたが、あと1年くらいは着続けてほしい」と懇願されると、二階堂さんは「じゃあ、もう少し着続けます」と赤いドレス卒業を撤回した。

また、「クランクインはちょうど1年前の今日だった。現場で初めて二階堂さんとお会いして、『あっ、赤子がいる』と実感した」(大杉さん)、「赤子はプリティ」(真木さん)、「恐らく金魚が主人公の映画は世界初。二階堂さんが金魚に見えるのがすごい」(永瀬さん)、「踊りがすごくなめらか」(韓さん)と共演陣も二階堂さんの“金魚ぶり”を絶賛していた。

芥川龍之介の幽霊を演じる高良さんは、「あえて幽霊は意識せず、生きている感覚を大切にした」と役作りを語り、石井監督とのタッグを重ねる渋川さんは「敬愛しています」とリスペクト。日本映画界の鬼才・石井監督は「いろんなバックボーンをもった、日本映画界を代表する俳優さんのすごみと存在感に圧倒された」と豪華なキャスト陣に感謝を示した。

『蜜のあわれ』は公開中。

金魚ぶりを絶賛された二階堂ふみ、赤いドレス卒業を撤回?『蜜のあわれ』舞台挨拶

《text:cinemacafe.net@cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

page top