ロッテ、エース涌井が今季2勝目…鈴木が決勝本塁打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、エース涌井が今季2勝目…鈴木が決勝本塁打

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ロッテは4月1日、京セラドームでオリックスと対戦。ロッテ・先発の涌井秀章投手が7回を投げて3失点の好投を見せ、4-3で勝利した。

ロッテは涌井、オリックスは金子千尋の両エースの投げ合いとなった試合。涌井も金子も悪いなりに要所を抑える投球で、試合は締まった展開に。試合が決まったのは8回表、ロッテは鈴木大地外野手が内角の直球を引っ張ると、ボールは右翼席中段まで届く特大のアーチ。これで勝ち越しに成功したロッテは、最後は守護神・西野勇士投手が締めてオリックスとの接戦を制した。

これに対して、「ナイスゲーム!キャプテン大地はほんと頼りになりますね。体幹が強くなったのかスイングにブレが無くなって鋭い打球が飛ぶようになりましたね」「鈴木選手、岡田選手、細谷選手いいですね!そして救援陣が安定しているのはとても大きい!地に足を付けた野球をこれからも継続して欲しいですね」「さすが、キャプテン大地選手!今シーズンは、この調子でマリーンズを引っ張り優勝に導いてくださいね!
涌井選手、2勝目おめでとうございます!明日は、大嶺祐太選手、勝利投手になることを期待してますよ」など、ロッテの勝利を喜ぶファンの声が多く寄せられていた。

【4月1日 M4-3Bs】鈴木選手が決勝ホームラン!涌井投手は7回3失点で2勝目を挙げています!細谷選手はタイムリーツーベースとスリーベースを放つなど好調をキープしています。▼本日の成績はこちらhttp://www.marines.co.jp/gamelive/stats/2016040101/

千葉ロッテマリーンズさんの投稿 2016年4月1日
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top