東京マラソン2017、高速化を目指してコース変更へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京マラソン2017、高速化を目指してコース変更へ

イベント スポーツ

東京マラソン2017公式サイト
  • 東京マラソン2017公式サイト
東京マラソン財団は、「東京マラソン」のコースを2017年大会より変更すると発表した。

2007年に第1回大会を開催した東京マラソン。2016年2月に10回記念大会を実施した。この2016大会までの間、都心部では再開発などにより景観が変化し、競技面でも世界的なマラソンレースの高速化や車いすレースの国際化など状況が変わってきている。

そこで2017大会からコースを変更する。コースは「東京の素晴らしさを内外に一層アピールする」「記録をねらえる高速コースにする」というふたつの視点から変更される。

●2017大会コース(案)
東京都庁~飯田橋~神田~日本橋~浅草雷門~両国~門前仲町~銀座~高輪~日比谷~東京駅前・行幸通り

●2016大会コース
東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビッグサイト

本日、理事会を開催し、2017大会のコース変更案について承認されましたのでお知らせします。6月末の理事会にて正式決定いたします。今年東京マラソン2016で10回の節目を迎え、様々な取り組みをおこないました。そして、次回大会以降も盛り上げ、さらなる進化を目指します!引き続き皆様のご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。Http://www.marathon.tokyo

東京マラソン財団 / Tokyo Marathon Foundationさんの投稿 2016年3月29日
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top