オリックス、西武との激戦を制して今季初勝利…ディクソンが粘投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス、西武との激戦を制して今季初勝利…ディクソンが粘投

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
オリックスは3月27日、西武プリンスドームで西武と対戦。1点を争う接戦を制し、5-4で今季初勝利を挙げた。

オリックスは先発・ディクソンが6回3失点と好投。打っては、初回にモレル内野手の適時打で幸先よく先制点を挙げると、続く2回には糸井嘉男外野手の適時打などで2点を追加。9回に1点差まで詰め寄られるも、最後はコーディエ投手が踏ん張り逃げ切った。

これを受けて、「やっと白星がついた!ディクソンが粘ってくれた」「現地観戦でした!ライトスタンドもいつもよりオリックスファンのスペースは狭かったですが熱のこもった応援でした!」「ヒヤヒヤでしたが、まずは今シーズン初勝利良かった!
これから沢山勝ちましょう!」など、今季初勝利に安堵するファンの声が寄せられていた。

3月27日(日)埼玉西武 4-5 オリックス【勝】ディクソン 【敗】バンヘッケン 【S】コーディエhttp://www.buffaloes.co.jp/gamelive/result/2016032701/<最後まで手に汗握る展開も、...

オリックス・バファローズさんの投稿 2016年3月27日
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top