ヤクルト・ドラフト1位の右腕、原樹理は負けず嫌い「理想は二桁勝利」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト・ドラフト1位の右腕、原樹理は負けず嫌い「理想は二桁勝利」

スポーツ 選手

東洋大学卒業式にヤクルト・ドラフト1位の原樹理が参加(2016年3月23日)
  • 東洋大学卒業式にヤクルト・ドラフト1位の原樹理が参加(2016年3月23日)
  • 東洋大学卒業式(3月23日、日本武道館)
  • 東洋大学卒業式にヤクルト・ドラフト1位の原樹理が参加(2016年3月23日)
  • 東洋大学卒業式(3月23日、日本武道館)
  • 東洋大学卒業式にヤクルト・ドラフト1位の原樹理が参加(2016年3月23日)
  • 東洋大学卒業式にヤクルト・ドラフト1位の原樹理が参加(2016年3月23日)
ヤクルトのドラフト1位、原樹理投手が3月23日に東洋大学を卒業。"大学ナンバーワンスラッガー"としてオリックス・ドラフト1位の吉田正尚外野手に対して「負けたくない」と意気込みを語った。

「一緒にがんばっていきたいという気持ちもあるけど、譲れない気持ちもある。2部リーグの価値とかも上げていきたいし、ほかのリーグの選手が目立ったりするけど、レベルの高さとかを自分たちで示していくしかない」

同じ東洋大学内の違う部活に対しても「負けたくない」という気持ちがあったと明かした原は、「ほかの部活にも負けたくないという思いでやってきた。陸上や水泳が強い東洋大。自分たちは野球で負けたくないという意識があった」と話す。負けず嫌いの右腕は、最後にこう抱負を語ってくれた。

「はじめは開幕ローテーションに入ることだけを目指してきた。これからが始まり。理想は二桁勝てたらいい。一つひとつ勝ちを積み重ね、できるところをやっていくという気持ちでシーズンを通してやっていきたい」
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

page top