崔洋一監督が密着した「格闘球技ウィルチェアーラグビー」…WOWOWがドキュメンタリー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

崔洋一監督が密着した「格闘球技ウィルチェアーラグビー」…WOWOWがドキュメンタリー

エンタメ 出版・映像

崔洋一監督が密着した『ノンフィクションW 格闘球技ウィルチェアーラグビー 十二人の戦士と百の言葉』をWOWOWが放送
  • 崔洋一監督が密着した『ノンフィクションW 格闘球技ウィルチェアーラグビー 十二人の戦士と百の言葉』をWOWOWが放送
  • 崔洋一監督が密着した『ノンフィクションW 格闘球技ウィルチェアーラグビー 十二人の戦士と百の言葉』をWOWOWが放送
WOWOWは、映画監督・崔洋一によるオリジナルドキュメンタリー『ノンフィクションW 格闘球技ウィルチェアーラグビー 十二人の戦士と百の言葉』を3月12日に放送する。

『格闘球技ウィルチェアーラグビー』は、リオデジャネイロ・パラリンピックでメダル獲得を狙うウィルチェアーラグビー日本代表に密着している。ウィルチェアーラグビーは、1チーム4人の選手が競技用車いすに乗り、ボールを前へと運びゴールを狙う競技だ。

番組の放送に先立ち、自身が番組化を熱望したという崔監督によるトークショー付き試写会が開催された。オーストラリアにも足を運び、選手や関係者と同じ時間を共有した崔監督。

「タイトルに"百の言葉"とあるが、これは認識しやすい単位に置き換えただけ。実際は数え切れない言葉が存在し、彼らのプレーや存在そのものも言葉だと思う」

作中ではケガや病気に苦しんだ過去や、社会環境に苦悩する一面も描かれているが、選手たちはいたって明るく、崔監督はその空気感に引き込まれていったという。

「(作品制作は)自分が興味を持つことから始まるが、それ以前に個々の選手達に惹かれていく自分がいた」

日本は、昨秋のアジア・オセアニア チャンピオンシップでニュージーランドに勝利。リオデジャネイロ・パラリンピックの切符を手にした。池崎選手は「メダルを獲ることで、講演など色々なことができるようになる」と意欲を見せる。

「選手はスポークスマンとしての役割を強く担っている」と話す崔監督が作りあげた作品からは、競技を通じて自分たちの存在を認めさせ、より良い社会を自らの手で切り開いていこうとする気概が伝わってくる。

崔監督はこれから10年は追いかけ続けたいと言う。

「記録を超えて人間が永遠に記憶し続けなければならない物語に僕自身もコミットしていきたいし、スポーツの本質に近づいていきたい」

WOWOWプライムで3月12日午後1:00から放送する。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top