孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」

スポーツ 短信

孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
  • 孫正義代表「Bリーグ、全試合をネットでライブ配信」
ソフトバンクとジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)は3月10日、都内で共同会見を開催した。

会見では、ソフトバンクがBリーグのトップスポンサーに就くことが発表された。Bリーグは、2016年秋に開幕する日本男子プロバスケットボール新リーグ。

会見には、ソフトバンクの孫正義代表、日本バスケットボール協会の川淵三郎会長、田臥勇太選手、ハリセンボンの近藤春菜さん、箕輪はるかさんが登壇した。

川淵会長の紹介で孫代表が登壇した。

***孫代表***

川淵会長とは20年くらい前から交流しておりますが、Jリーグ開始当時はどれくらい根付くのかなと、多くの人が心配しておられました。いま、川淵会長のリーダーシップで日本のサッカー界は大きく成長しました。

そして今度は、日本のバスケットボール界の混迷にあって、直前までバスケット界は二つに割れて、とんでもないことになりそうだった。これを多くの方が固唾を飲んで心配しておりました。そこに川淵さんが登場されて、見事に一本化され、さらに「Bリーグ」と、飛躍のきっかけにもっていく。川淵さんらしい見事な采配だと思います。

なぜソフトバンクがメインスポンサーになるか。ソフトバンクは情報革命で人々を幸せに、という哲学を持っています。ソフトバンクは創立30周年で、次の30年のビジョンを考えるとき、私はツイッターで、「あなたにとって幸せとはなんですか」「悲しみとなはんですか」と聞きました。

すると幸せとは「感動」だと。家族と分かち合う、恋人と、友人と分かち合う感動。スポーツがもたらすものはまさに「感動」であると思います。

ソフトバンクホークスを運営する立場で、改めてスポーツが生む感動に学びました。そしてITの力をもってBリーグをさらに飛躍させる力になりたいと思います。Bリーグについては、開幕から全ての試合をライブ配信する予定です。スマホ、タブレット、PCでも観れるようにします。一試合残らずライブ配信します。

実はこれは大変なことなんですね。多くの試合会場があり、カメラなどを配置する。それを私はITの力で実現したい。さらに会議中とか電車移動、食事中などにテキストでメッセージが自分のスマホにプッシュされる。瞬間にメッセージがやってきて、パッと触るとライブの中継に飛んでいける、そういう状況を用意していきたい。これを開幕に間に合うように用意していきたいと思います。

ソフトバンクグループがトップパートナーになるということは、グループの総力を挙げて、感動を分かち合えるようにしたいということです。

これは川淵会長との関係で始まり、私は親みを感じ、やる以上はとことん応援していきたいと考えています。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top