東京ガールズラン・大木美佳、東京マラソン2016でサブフォー達成 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京ガールズラン・大木美佳、東京マラソン2016でサブフォー達成

イベント スポーツ

東京マラソン2016フィニッシャーをバックに記念撮影する宮河マヤ(左)と大木美佳
  • 東京マラソン2016フィニッシャーをバックに記念撮影する宮河マヤ(左)と大木美佳
  • 東京マラソン2016の前に笑顔を見せる宮河マヤ(左)と大木美佳
  • 東京マラソン2016のゴール直後、感動で涙を見せる宮河マヤ
  • 東京マラソン2016、ランニング中も余裕を見せる大木美佳
  • 東京マラソン2016、応援に駆けつけた東京ガールズランのメンバーたち
  • 東京マラソン2016、カメラを向けられると笑顔で返す宮河マヤ
  • 東京ガールズランがムック本を発売
東京ガールズコレクション出演モデルで構成されたランニングチーム「東京ガールズラン」が東京マラソン2016に出場し、サブフォーを達成した。同大会には大木美佳さんと宮河マヤさんが出場。

快晴の天気の中、時間が経つにつれて気温が上昇した東京マラソン。異例の暑さの中、フルマラソン挑戦7回目となる大木さんが3時間46分42秒のタイムで5回目のサブフォーを達成した。初フルマラソンとなった宮河さんは4時間16分43秒を記録した。

「サブフォーはもう当たり前になっている。今回は3時間半を切ることを目標にしていたのに、結果が出せず正直悔しい。でも、今までで一番楽しかった!近々、また3時間半目指して頑張りたい」と大木さん。

沿道の応援に励まされたという宮河さんは、「初めてのフルマラソンで、いろいろナーバスになっていたこともあったけど、やっぱり走ってみると本当に感動する。東京ガールズランの先輩たちも、他のランナーの皆さんもサブフォーで走っていて本当に尊敬」とコメント。

また、東京ガールズランはムック本を2月25日に発売。雑誌『Tarzan』と東京ガールズランのコラボレーションコラムで、走ってキレイになるという目線でランニングコラムが100まとめられている。600円(税込み)。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top