休養中の元UFCウェルター級王者ジョルジュ・サンピエール「復帰は自分次第」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

休養中の元UFCウェルター級王者ジョルジュ・サンピエール「復帰は自分次第」

スポーツ 短信

ジョルジュ・サンピエール 参考画像(c)Getty Images
  • ジョルジュ・サンピエール 参考画像(c)Getty Images
元UFCウェルター級王者ジョルジュ・サンピエールが最後にオクタゴンでタイトルマッチを戦った日から、約2年3ヵ月が経過した。

長期休養中の元王者が、休養を決断するまでの経緯、復帰戦などについてをFox Sportsが伝えている。

ジョー・バックが司会を務めるインタビュー番組”Undeniable”に出演したサンピエールは、以前から苦しんでいた強迫性障害についても語っている。その症状は、UFC王者に上り詰め、ウェルター級最強の称号を得てから酷くなっていったという。

重圧を背負い日々ハードワークを自らに課すトップファイターならば、ビッグファイトに勝利すれば感情を露にし、勝利を祝い、張りつめていた気持ちを緩めると考えるのが自然なことだが、サンピエールの場合、気が休まる日などなかった。

「もし休みを取っても次の対戦相手について考えてしまう。自分自身にも、『俺は王者だ。次の防衛戦まで相手のことを考えないといけない』と思ってしまっていた」。

休養後UFCから何度か連絡を受けたと明かしたサンピエールは、復帰についての考えをこう述べている。

「UFCからは何度か連絡があった。他の人からメッセージを伝え聞いたこともあったよ。もし復帰したいと思っても、いつ戻るかを伝えるのは僕次第」。

今年7月に開催されるUFC 200に出場する可能性も消えたわけではない。しかし、すべてはサンピエール次第ということだ。
《》
page top