東京マラソン公認、ドール「低糖度バナナ」…ランナーズステーション麹町店で体験サンプリングを実施 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京マラソン公認、ドール「低糖度バナナ」…ランナーズステーション麹町店で体験サンプリングを実施

新着 飲食

ドールが東京マラソン2016で「低糖度バナナ」をランナーに提供
  • ドールが東京マラソン2016で「低糖度バナナ」をランナーに提供
ドールは、東京マラソン2016の公認バナナとして参加ランナーに提供する「低糖度バナナ」の発売を2月15日より開始。それに先駆け、東京・ランナーズステーション麹町店で2月9日~2月21日まで体験サンプリングを実施する。

低地栽培することで水分が多く、でんぷん質が少なくなる低糖度バナナ。高地栽培のバナナより約13%程度糖度が低く抑えられている。

体験サンプリングではトレーニングに励むランナーに、低糖度バナナの「さっぱりとして甘すぎない味わい」を楽しんでもらう。

ランナーズステーション麹町店での配布個数は合計1000パック(1パック2本入り)。

ドールでは、スポーツ分野で入賞経験のある800名のアスリートを対象に、運動する際に重視する食べ物や飲み物の味覚について調査。約5割のアスリートがスポーツの勝敗や記録の向上のために、「甘い味」より「さっぱりした味」の食べ物や飲み物を求めていることがわかった。バナナも、運動前や運動時には「さっぱりとして甘すぎない味」が最も支持された。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top