六甲山スノーパーク、ジャンプ台を設置「ルーキーズ・ボードパーク」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

六甲山スノーパーク、ジャンプ台を設置「ルーキーズ・ボードパーク」

イベント スポーツ

六甲山スノーパーク、ジャンプ台を設置した「ルーキーズ・ボードパーク」をオープン
  • 六甲山スノーパーク、ジャンプ台を設置した「ルーキーズ・ボードパーク」をオープン
  • 六甲山スノーパーク、ジャンプ台を設置した「ルーキーズ・ボードパーク」をオープン
  • 六甲山スノーパーク、ジャンプ台を設置した「ルーキーズ・ボードパーク」をオープン
兵庫県神戸市の六甲山スノーパークは、第3ゲレンデ内にジャンプ台やスライド滑走に適したボックスなどを設置した「ルーキーズ・ボードパーク」をオープンした。

ルーキーズ・ボードパークは、ジャンプ台やボックスなどのアイテム配置とコース設計がパーク初心者向けになっているエリアだ。通常のゲレンデ滑走とは違い、雪中に設置されたボックス(長方形の箱)の上での滑走や、キッカーと呼ばれるジャンプ台でのジャンプなどが楽しめる。

ボックス1カ所、キッカー1カ所設置。動く歩道「ムービングベルト」を併設。パーク初心者でも気軽に挑戦できる。また、「ワンポイントレッスン」も開催。同エリアを管理するディガー(バートンスノーボードスクールインストラクター)からパークデビューに必要な技術や知識などのアドバイスが受けられる。

2月27日と3月5日には、「ナイタースペシャルイベント」を開催。プロライダーのデモンストレーションやプレゼント抽選会などを行う。

オープン期間・時間は、3月上旬までの16:30~21:00。利用には、ナイターチケット/リフト券付のスノーパーク入園料が必要。大人2600円、小人1550円。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top