松岡修造、USJで熱い説教「これからはリ・ボーン修造」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

松岡修造、USJで熱い説教「これからはリ・ボーン修造」

エンタメ 芸能

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが15周年開幕事前イベントを開催
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが15周年開幕事前イベントを開催
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが15周年開幕事前イベントを開催
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが15周年開幕事前イベントを開催
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが15周年開幕事前イベントを開催
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、15周年開幕事前イベントを2月2日に開催した。

同イベントは、3月18日よりスタートする開業15周年のスタートに先駆けて実施された。テーマは「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)! さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。」だ。

"Re-born"大使に就任した松岡修造さんがイベントに登場し、招待ゲスト2500名を前に"Re-born!"の意義を熱く説教した。

「僕たちにはリ・ボーンが必要だ。そして今の日本にもリ・ボーンが必要だ!リ・ボーンは、自分にはない力を蘇らせてくれる。これからは"まいにち、修造!"ではなくて、"リ・ボーン修造"だ!」

「人は普通じゃ変わらないんだ。本当にやり過ぎれば、心から湧き出たものが表れてくるんだ!みんな松岡になる必要はない。失敗してもいいんだ、ルールなんてない!心で感じたものをさらけ出せばいいんだ!」など松岡さんは20分以上説き、「さあ、やり過ぎよう、生き返ろう、"Re-born!"」と連呼した。

参加したゲストは松岡さんの熱い思いを受け止め、"Re-born"を体感。2500名のゲストには、大量の泡が降りかかり、色とりどりの紙吹雪が舞いあがる「やり過ぎ」演出が次々と起こり、会場は冬の寒さを吹き飛ばすほどの熱気に包まれた。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは15周年を通じて、「やり過ぎ」エンターテイメントでゲストのさまざまな感情便益を刺激し、若返らせていく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top