室伏広治SD、「若者のスポーツ離れ」を危惧 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

室伏広治SD、「若者のスポーツ離れ」を危惧

イベント スポーツ
「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
2020年東京五輪・パラリンピックを盛り上げるためのプロジェクト「Olympic Moves」のプレスカンファレンスが12月19日、都内の中学校で開催された。

「Olympic Moves」とは、03年オランダで始まり、ベルギー、韓国と活動が広まっている「若者の運動不足解消」を目指すためのグローバルプロジェクト。
日本では、中学生世代に焦点を当て「毎日部活動に励む生徒も、部活に入っていない生徒も、等しく健康的に体を動かす機会をつくる」趣旨で行われるという。

また、このカンファレンスには東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクター(SD)室伏広治氏などが登壇。

室伏SDは「『若者のスポーツ離れ』が一つの大きな社会問題となっている。今回、中学生を対象にターゲットを絞ったということに、非常に意味がある」と、趣旨に賛同。

さらに「『若い頃に運動に親しんでないと、その後も運動をやらない傾向がある』というデータが出ている。そこで、運動のハードルを下げたような、みんなが親しめるスポーツで『体を動かす楽しさ』を知ってほしい」などと、このプロジェクトについての熱い思いを真摯に語った。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top