鹿島アントラーズ昌子源、本山雅志の退団に「練習、試合と一緒にできて嬉しかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

鹿島アントラーズ昌子源、本山雅志の退団に「練習、試合と一緒にできて嬉しかった」

スポーツ 短信

鹿島アントラーズ昌子源、本山雅志の退団に「練習、試合と一緒にできて嬉しかった」
  • 鹿島アントラーズ昌子源、本山雅志の退団に「練習、試合と一緒にできて嬉しかった」
J1・鹿島アントラーズに所属するDF昌子源が12月6日、インスタグラムを更新。11月26日に同クラブを退団することを発表したMF本山雅志とのツーショット写真を投稿している。

今シーズンを年間5位で終えた鹿島。昌子は、声援を送ったファンへ感謝の言葉を書き込んだ。続けて、「誰もが一目見たら天才と思うサッカープレーヤー!」と今季限りで、18年在籍した鹿島を退団する本山とのツーショット写真を載せた。

本山は1998年に東福岡高校から鹿島へ入団。獲得したタイトル数はJリーグ優勝6回を含める合計21個で、J1通算365試合、38得点を挙げた。また、1999年に行われたワールドユース(現・U-20W杯)では、U-20日本代表として準優勝に貢献。自身は大会得点王に輝いた。その後U-23日本代表としてシドニー五輪に出場し、A代表にも選出された。

昌子は、「練習、試合と一緒にできて嬉しかった。また一緒にしたい!サッカー選手として、人間としてこんな素晴らしい人は本当にいないと思う。」と本山を賞賛し、感謝の言葉を続けている。最後に、「来年鹿島にモトさんいないの寂しいな…」と鹿島一筋18年の本山がクラブを去ることに、寂しさをつづっている。

ファンからは、「本さん居なくなるの、ほんとに寂しいです。18年って長いよね。」「心の底から大好きな鹿島の10番。」「本山くんの居ない来季はまだ想像つかないけど、残りの選手で必ずタイトルをとりましょうね!」「モトの分まで頑張ろう!」などのコメントが寄せられていた。

《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top