1位クリロナ、2位ネイマール、3位メッシ…2015年インスタフォロワー増加アスリートランキング | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

1位クリロナ、2位ネイマール、3位メッシ…2015年インスタフォロワー増加アスリートランキング

エンタメ 話題

クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2015年5月9日)
  • クリスティアーノ・ロナウド 参考画像(2015年5月9日)
  • ケンダル・ジェンナーのインスタグラムより
  • ケンダル・ジェンナーのインスタグラムより
インスタグラムは、2015年のハイライトを振り返り、海外や世界のランキングを発表した。

インスタグラムの世界月間アクティブ利用者数は、9月時点で4億人を超えている。その内75%が米国外の利用者となり、インスタグラム上でシェアされる瞬間は、ますますグローバルになっている。

世界の人々がさまざまなものをシェアするインスタグラムは、世界の写真や海外セレブランキングなどを公開した。まず、世界で「#tbt」で投稿されたコンテンツのうち最も「いいね!」が多かった写真ランキングを紹介する。1位に輝いたのは、ケンダル・ジェンナー@kendalljennerが投稿し、174万3748件のいいね!が付けられた写真となった。


2位以下は、キム・カーダシアン@kimkardashian(145万4458件)、カイリー・ジェンナー@kyliejenner(134万5780件)、レアル・マドリード@realmadrid(110万2994件)、キム・カーダシアン@kimkardashian(108万655件)の写真となっている。

海外の著名人の中で最もいいね!が多かった写真のランキングでは、ケンダル・ジェンナー(hair photo)の写真が1位に輝いた。2位、3位、6位、8位、9位には、テイラー・スウィフト@taylorswiftが投稿した写真がランクイン。2位roses from Kanye、3位w/ Calvin Harris、6位w/ Meredith、8位w/ Meredith、9位w/ Meredithとなっている。

4位はカイリー・ジェンナー(graduation)、5位はビヨンセ(portrait w/ Blue)、7位は セレーナ・ゴメス(selfie)、10位はケンダル・ジェンナー(celebrating 20m followers)となった。

洋楽アーティストで最もフォロワー数が多いアカウントランキングの1位はテイラー・スウィフト(@taylorswift)が獲得。2位はセレーナ・ゴメス(@selenagomez)、3位にはビヨンセ(@beyonce)がランクインした。

4位以下は、アリアナ・グランデ (@ariangrande)、ジャスティン・ビーバー (@justinbieber)、ニキ・ミナージュ (@nickiminaj)、ケイティ・ペリー (@katyperry)、マイリー・サイラス (@mileycyrus)、ジェニファー・ロペス(@jlo)、リアーナ(@badgalriri)。

2015年で最もフォロワーが増えた洋楽アーティストのアカウントの1位もテイラー・スウィフト(@taylorswift)が獲得。2位はセレーナ・ゴメス (@selenagomez)、3位にはアリアナ・グランデ:(@ariangrande)がランクインした。

4位以下は、ビヨンセ(@beyonce)、ニキ・ミナージュ(@nickiminaj)、ジャスティン・ビーバー(@justinbieber)、ジェニファー・ロペス(@jlo)、ケイティ・ペリー(@katyperry)、マイリー・サイラス(@mileycyrus)、デミ・ロヴァート(@ddlovato)。

2015年で最もフォロワーが増えた世界のアスリートのアカウントは、1位がクリスティアーノ・ロナウド (@cristiano)、2位がネイマール(@neymarjr)、3位がメッシ (@leomessi)となった。

4位以下は、デイビッド・ベッカム(@davidbeckham)、ハメス・ロドリゲス (@jamesrodriguez10)、レブロン・ジェームズ (@kingjames)、ズラタン・イブラヒモビッチ (@iamzlatanibrahimovic)、ガレス・ベイル (@garethbale11)、ルイス・アルベルト・スアレス (@luissuarez9)、ダヴィド・ルイス (@davidluiz_4)となっている。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top