サッカー日本代表ユニフォームを振り返る…JFAインスタグラムで「受け継がれる青の魂」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカー日本代表ユニフォームを振り返る…JFAインスタグラムで「受け継がれる青の魂」

イベント スポーツ
日本サッカー協会インスタグラムより
  • 日本サッカー協会インスタグラムより
  • サッカー日本代表の新ユニフォーム、アディダスが10月29日予約受け付け開始
日本サッカー協会(JFA)がインスタグラムで日本代表の歴代ユニフォームを投稿。歴戦を振り返っている。

「受け継がれる青の魂」として、1964年に開催の東京五輪で着用したユニフォームを皮切りに、日本代表が銅メダルを獲得した1968年のメキシコ五輪で着用したモデル、なでしこジャパンが優勝を遂げた2011年の女子ワールドカップ(W杯)で着用したモデルなど、大会ごとに投稿している。

現在は日本代表に「SAMURAI BLUE」という愛称が浸透しているように代表ユニフォームは"青"のイメージが強いが、1989年のイタリアW杯1次予選で着用した"赤"のユニフォームも投稿されている。

ファンからは、「時代を感じますね」「見ていたな~」など懐かしむ声の他、「赤いユニフォームもあったんだ!なんかよその国みたい」「この時代はめっちゃ弱かった。やっぱブルーだよな」など赤いユニフォームに対する声も多く挙がっている。

なお、日本代表の新ユニフォームが11月12日、ロシアW杯アジア2次予選のシンガポール戦でお披露目される予定だ。ファンは「楽しみだ!」「はやく見たい!」と期待している。


《桜川あさひ》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top