ドルトムントが5発大勝…香川真司、3アシストで勝利に貢献 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドルトムントが5発大勝…香川真司、3アシストで勝利に貢献

スポーツ 短信
香川真司(2015年10月25日)
  • 香川真司(2015年10月25日)
  • 香川真司(2015年10月25日)
10月25日に行われたドイツ・ブンデスリーガ第10節、ドルトムントはホームにアウグスブルクを迎え5-1で勝利した。フル出場を果たした香川真司は3アシストを記録、地元紙から高い評価を得ている。

序盤から試合はドルトムントのペースで進む。先制ゴールは18分、エリア周辺から華麗なパスワークで攻め込み、最後はピエール=エメリク・オーバメヤンがグラウンダーのクロスを押し込む。

同21分には左サイドで香川が相手DFを振り切り、低いクロスにマルコ・ロイスが飛び込んで追加点を奪った。香川は同33分にもマティアス・ギンターからの浮き球をエリア内で胸トラップ、ロイスの位置を確認しながらヒールでパスし3点目をアシストした。

ドルトムントは後半4分にFKから1点を返され、アウグスブルクに攻め込まれる時間帯も増えた。だが終了間際に再びゴールラッシュを見せる。同40分にオーバメヤンが2得点目を奪い、さらにアディショナルタイムにも香川のパスからオーバメヤンはゴールを奪った。

この試合結果にファンからは、「3アシストは十分。ゴールほしかったけど欲張りすぎかな」「以前とは役割も周りのメンバーも違うし、今のドルトムントではベストな働きだと思う」「代表ではゴールが期待される立場だけど、ドルトムントではこれで良いと思う」「オーバメヤンが開幕から失速する気配なし、香川の好パスが結果に結びついている。日本人はゴール、ゴールと期待してしまうけどチームの勝利には今の役割が適してる」などの声が寄せられる。

ハットトリックを決めたオーバメヤンは、開幕から10試合での得点を13に伸ばし、ローター・エメリッヒが持っていたクラブ記録11を更新した。今シーズンの得点ランキングでもバイエルンのロベルト・レヴァンドフスキと並ぶ首位に立っている。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top