戦前のクラシックカーがサーキットを疾走 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

戦前のクラシックカーがサーキットを疾走

イベント スポーツ
MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
9月6日に開催されたTokyo Bayside Classic Cup(TBCC)の第2戦(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)では、戦前車のビンテージクラスが設けられた。主催はTBCC事務局。

昨年まで、戦前車が走ることが出来るイベントは年に3回ほど筑波サーキットなどで開催されていた。しかし、今年に入ってそのイベントが休止になってしまったため、戦前車がサーキットを走るイベントが消滅。そこで、TBCC事務局が今回から開催を決定した。以降定期的に開催していくとのことだ。

TBCCとして初開催となったビンテージクラスには7台が参加。ラゴンダやMG、ライレーなどの英国車のみであったが、次回以降はブガッティやアルファロメオなどの参加も期待される。

次回は袖ヶ浦フォレストレースウェイにて12月13日に開催予定。

戦前のクラシックカーがサーキットを疾走…TBCCシーズン3 第2戦[写真蔵]

《内田俊一@レスポンス》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top