ウインターシーズンもオークリーのスノーゴーグルで視界を確保 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウインターシーズンもオークリーのスノーゴーグルで視界を確保

新着 製品/用品
ウインターシーズンもオークリーのスノーゴーグルで視界を確保
  • ウインターシーズンもオークリーのスノーゴーグルで視界を確保
  • リムレスデザインにミディアムサイズフィット『FLIGHT DECK XM』
  • プリズムレンズに新カラー「Prizm Torch Iridium」と「Prizm Sapphire Iridium」が追加
この夏はツール・ド・フランスや世界陸上など、世界のトップアスリートがオークリーのアイウエアを着用しているシーンがよく見られるが、ウインタースポーツの世界でもオークリーは定評がある。

2018年の平昌、2022年の北京とアジアで開催される冬季五輪も待ち遠しいが、ここでもオークリーを愛用する選手が多くなりそうだ。眼から入る情報がパフォーマンスに影響を与えるということをトップアスリートは知っているのだ。

世界トップライダーとして活躍する角野友基、平野歩夢も最新のオークリースノーゴーグルをつけてニュージーランド、アメリカでトレーニングに励んでいる。

ニューモデルとしてリムレスデザインにミディアムサイズフィット『FLIGHT DECK XM』が登場した。 視界の広さが魅力で、変わりやすい雪山の天候にあわせ、素早く簡単にレンズ交換できる。

また、プリズムレンズに新カラー「Prizm Torch Iridium」と「Prizm Sapphire Iridium」が追加。 雪山で驚きの視界を確保するという。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top