宮沢りえ×現代美術家、エネルギーを可視化 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宮沢りえ×現代美術家、エネルギーを可視化

エンタメ デザイン
宮沢りえをモデルに起用した、「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15-16AWイメージビジュアル
  • 宮沢りえをモデルに起用した、「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15-16AWイメージビジュアル
  • 宮沢りえをモデルに起用した、「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15-16AWイメージビジュアル
  • 宮沢りえをモデルに起用した、「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15-16AWイメージビジュアル
  • 宮沢りえをモデルに起用した、「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15-16AWイメージビジュアル
  • 宮沢りえをモデルに起用した、「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15-16AWイメージビジュアル
  • フォトグラファーのイナ・ジャン
  • 「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15AWイメージビジュアル撮影風景
  • 「センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ」15AWイメージビジュアル撮影風景
センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ(SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH)が8月21日より、15-16SSシーズンに引き続き、女優の宮沢りえをモデルに起用した15-16AWのイメージビジュアルを展開する。

今回の撮影を手掛けたのは、11年に「イエール国際モード&写真フェスティバル」のファイナリストにノミネートされ、若手作家の登竜門として知られる「FOAM Talent」にも選出された、女性現代美術家のイナ・ジャン(INA JANG)。

ブランドの広告ビジュアルのフォトグラファーには珍しい、商業写真家ではなく、生粋の現代美術家を起用。商業性と芸術性が融合した現代的なイメージビジュアルに仕上がった。今回は、“anonymous=匿名”をテーマに、宮沢りえに内在する“女としての尊厳”や“存在するだけで人の心を動かす力”といったエネルギーをビジュアル化したものとなっている。

同ビジュアルで宮沢りえは、ロングシルエットのワンピースや、オーバーサイズのガウンコート、ベージュカラーやデニムなど、15-16AWコレクションのテーマである“70’s folklore(フォークロアテイストを取り入れた、ノスタルジックで祖族な70年代スタイル)”を代表するアイテムを着用した。

今回のビジュアルについて、宮沢りえは「センスオブプレイスは、古田新太さんを起用した15年春のイメージビジュアルがとても刺激的で、創作の方向性にも好感を持ちました。世界で活躍するフォトグラファーたちとセッションすることで、一緒に面白い作品を作れればと思い、今回のオファーをお引き受けしました」とコメントを寄せている。

女優・宮沢りえ×現代美術家でファインアート。内なるエネルギーをビジュアル化

《HEW》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top