『進撃の巨人』映画監督、「ブチ切れてゴメンね…」発言を訂正 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

『進撃の巨人』映画監督、「ブチ切れてゴメンね…」発言を訂正

エンタメ 出版・映像
 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣監督が31日、同映画を酷評したブログをめぐる炎上騒動のなかでの「マヌケな宣伝担当」発言を訂正した。

 問題のブログは、映画ライターの前田有一氏が運営するもので、そちらでは8月1日に公開する『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は100点満点中40点と酷評されていた。

 このレビューに対して、樋口監督はフェイスブックに友達限定公開で「やったぜ!大先生に褒められたら、どうしようかと思ったが、これなら安心だ。というか、誰だよ、こいつに試写状送ったバカは!」」とこぼしたはずが、なぜかこの投稿が流出。ネット上で騒ぎとなった。樋口監督は31日、「炎上するならもっとマトモな理由で炎上したかった。本当に悔しい。関係者の皆さんご迷惑をおかけしてすいませんでした。最後の1日、頑張りますのでよろしくお願いします」と騒動を謝罪。そして、前田氏と自身とは過去に因縁があるとして、「私が『ブチギレ』たのはこういう実績がある、試写を見せる価値がない人に試写状を送ったり、面割れしてるのに試写室に入れちまったマヌケな宣伝担当に、です」と発言していた。

 だが、その後、宣伝部に聞いたところ、意外な事実が判明したらしい。樋口監督は「ところで宣伝部が言うには、試写状送るわけもないし、そもそも出入り禁止だから試写室にも来てない筈とのこと。なるほど。改めて読み直せば俺が作った映画と起きてることは合ってても受ける印象が随分と違うのはそういう訳なのか…」と伝え、「したがって宣伝部にも罪はない。ブチ切れてゴメンね…」と詫びた。

映画『進撃の巨人』監督、“マヌケな宣伝担当”濡れ衣だった「ブチ切れてゴメンね…」

《原田@RBBTODAY》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top