孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2

新着 ビジネス
孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
  • 孫正義社長「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」ソフトバンクワールド2015 その2
ソフトバンクワールド2015が東京都内で開催された。基調講演に登壇した孫正義社長は、ソフトバンクグループの戦略分野を3つ、明らかにした。

***

私が挑んだ2兆円のボーダフォンの買収。そのときは、これからの時代、音声で喋る、携帯端末がインターネットの最も中心的な機器になると読んだのです。

このように今後、みなさんなりにいろいろな未来の成長戦略が描けると思います。ソフトバンクでは3つ。「IoT」「AI」「スマートロボット」です。この戦略の一部を紹介します。

まずIoT。ほとんどの人がふたつ程度のデバイスをネットにつないでいます。しかし30年後はひとり当たり平均1000個のデバイスがインターネットにつながっていると読んでいます。つながっていないものはほとんどない。そこからビッグデータが収集できます。そのデータを活用していくことで新たなビジネスが生まれます。

例えば椅子。椅子がネットにつながり、家電を操作、体調管理、病気を発見、姿勢を正す、感情をコントロールする、そんな時代が来るのではないでしょうか。

椅子はありとあらゆるものと連携し、その人の生活をリアルタイムで管理、サポートする。ひとりの人間は、多くの他の家族、友だち、同僚とつながっていますが、人とモノもつながる。そうしたものを使っている人、自治体は、つながってエコシステムを生む。

IoT、なんだかよく分からないな、という人はたくさんいると思います。しかしスマホが生まれた時を思い出しましょう。日本の競合、メディアも、日本はワンセグだ、赤外線だ、おサイフケータイだ、と日本らしいモノがあるから売れない、と記事がたくさんありましたね。

しかしいま、10年もたたずして、スマホは人々のライフスタイルを変えました。IoTは人々のライフスタイルを変えていく。ソフトバンクはその最先端に挑戦する、取り組んでいくということです。

***

ソフトバンクワールド2015
孫正義社長、基調講演

その1 「胸の中に秘める新たな武器があるか」
その2 「3つの成長戦略…IoT、AI、スマートロボット」
その3 「2018年前後にシンギュラリティは訪れる」
その4 「車が走るロボットになる日」
その5 「鉄腕アトムに心をプレゼントしたい」
《土屋篤司》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top