ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア

新着 製品/用品
ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
  • ナイキがアスリートの使いこなし方を公開…ナイキ ズーム エア
ナイキは、最新のナイキ ズーム エアを紹介している。

モー・ファラー、ゲーレン・ラップ、アリソン・フェリックスには、メダルを獲得し、記録を樹立したこと以外に共通することがある。それは、全員が自然を超越するほどの才能、信じられないほどのスピード、揺るぎない意志のもと練習を重ねていること。そして、試合に向けて、ナイキ エア クッショニングの中でも最も反発性に優れたナイキ ズーム エアを愛用していることだ。

地球上最も偉大とされるランナーと、アップカミングなランナーの違いは、ほんの数秒にもならないほどわずかだ。100m走の世界記録は、この80年間でたった1/2秒早くなっただけ。2015年のボストンマラソンの1位と2位の違いは、わずか4秒だった。同社がこれまでに提供してきた中で最も速く、もっとも反発性に優れたプラットフォームのズーム エアなら、履いた瞬間に速くなれると実感できる。

発表以来20年を迎えるナイキ ズーム エアは、反発性と薄さを兼ね備え、アスリートが実感できるクッション性を提供する。ズーム エア クッショニングの弾むような反発性は、高圧のナイキ エアユニット内部に編み込まれ、きつく伸ばされた伸張性の高い繊維から生まれる。アスリートの足が地面に着地すると、その繊維が圧縮。瞬間的に元の状態に跳ね返ることにより衝撃を緩衝し、爆発的でパワフルな反発感を生み出す。

ズーム エアが初めて発表されたのは1995年。10年以上に渡る研究開発の末だ。最初は、かかとと前足部の両方にズーム エア ユニットを搭載したフットボールスパイクのナイキ エア マローダー、前足にズームエアを用いたバスケットボールシューズのエアゴーLWPが発表された。その後、ランニングにもズームエアを用いたエア ズーム LWPが登場した。

アスリートは、ズーム エアの速さや弾むような反発性のあるはき心地、エネルギーの反発を好み、速さを誇るナイキのエリート ランナーの多くにも愛用されている。モー・ファラー、ゲーレン・ラップ、マット・テゲンカンプらアスリートが1日20マイル余りを走る時、ズーム エアは弾むような感覚をアスリートに与える。

■NIKE AIR ZOOM PEGASUS 32(ナイキ エア ズーム ペガサス 32)
トレーニング向けのニュートラルシューズの最新モデル。通気性に優れたアッパーと、足を包み込むようにぴったりとしたフィット感を維持。足の形に合わせた曲線的な足型を用いることで、シューズがより足に沿うような快適性の実現している。

より自然なスタンスを実現するためのオフセット調整(10mm)、中足部をしっかりとサポートするためのエンジニアド・サドルの追加も行っている。6月25日から、NIKE.COMや一部の店舗にて販売予定。

■NIKE AIR ZOOM ELITE 8(ナイキ エア ズーム エリート 8)
ズーム トレーニング シューズの中でも最軽量、ミニマルで流線型の推進力をもったモデル。トレーニングや試合で、速さと軽さを求めるアスリートのためにデザインされている。

前足のズームエアは、ランナーの足をロードから跳ね返すような反発感を与え、低めの(8mm)オフセットがより足を地面に近づけてコントロール感を高める。ナイキ フライワイヤー テクノロジー、軽量なメッシュがサポート性と通気性、フィット感のある細身のアッパーを作り上げている。7月2日から、NIKE.COMや一部の店舗にて発売。

■NIKE AIR ZOOM ODYSSEY(ナイキ エア ズーム オデッセイ)
速さのために、妥協のないクッション性と快適性が実感できるモデル。新しくなったフライワイヤー テクノロジーと、二重に射出成型を行ったヒールクリップがかかとの安定感を高め、屈曲性に優れたアウトソールとオーソライト素材を用いた中敷きがクッション性を提供する。8月中旬から、NIKE.COMや一部の店舗にて販売予定。

■NIKE AIR ZOOM STRUCTURE 19(ナイキ エア ズーム ストラクチャー 19)
見た目にも魅力的で、さらに足のプロネーションを抑える構造に作られているモデル。アウトソール外側のクラッシュレール部材や3つの密度の異なるフォームを用いて足を安定させるダイナミック サポート システムと、安定性を高めるための機能が連動。スムーズな足運びを実現する。

新しくなった曲線的なラスト(足型)は、つま先をすこし持ち上げてあり、ズーム エア クッショニングと連動し、跳ねるように素早く足が弾む感覚を提供する。10月1日から、NIKE.COMや一部の店舗にて販売予定。

■NIKE AIR ZOOM VOMERO 10(ナイキ エア ズーム ボメロ10)
長距離ランに履きたくなるタイプのシューズ。優れた反発感をもつズームエアと、柔らかいルナロンフォームがクッションと速さを同時に実感させる。フライメッシュアッパーは、通気性を感じられる快適さと必要な部分へのサポート、ズームエアは最適なクッション性と反発性を提供する。快適かつダイナミックに、かかとでの着地や前足での蹴り出しができる。NIKE.COMや一部の店舗にて発売中。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top