怒られたい有名人1位はマツコ・デラックス…怒りに関するアンケート調査 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

怒られたい有名人1位はマツコ・デラックス…怒りに関するアンケート調査

ライフ 社会
日本アンガーマネジメント協会は、6月6日の「アンガーマネジメントの日」を前に、『怒り』に関するアンケート調査を実施し、調査結果を発表した。対象は、全国の20歳~59歳までの男女約450人。

「アンガーマネジメント」とは、1970年代にアメリカで開発された、怒りの感情と上手に付き合う(マネジメントする)ための心理トレーニングだ。同協会は、怒りの感情のピークが「6」秒であることと、怒りを「ムカムカする」と表現することもあるため、ム(6)カ ム(6)カの語呂合わせから、6月6日を「アンガーマネジメントの日」に制定している。

同協会の『怒り』に関するアンケート調査にて、1日に多いときでイライラを何回自覚するか?と質問したところ、約8割の人が1日2回以上イライラすることがわかった。さらに、1日4回以上イライラを自覚することがあると答えた人は、6割以上にのぼった。イライラを自覚している人のうち、1日に多いときで3回はイライラするという人が一番多く、次いで5回、2回、10回となった。多いときでは、1人1日平均4回イライラを感じていることになる。

次に人はどんなことにイライラしているのか調べた結果、「道路渋滞」(163人)、「歩きタバコ」(143人)、「公共交通機関の遅延」(116人)、「酔っ払い」(83人)、「満員電車」(66人)などにイライラを感じていることがわかった。また、「パソコンの動作やインターネットの接続が遅いとき」(5人)という、現代ならではのイライラもみられた。

イライラをお金で解消するにはいくら必要か?という問いには、過半数以上の人が「お金でイライラを解消できない」と回答している。「イライラをお金で解消するにはいくら必要か?」で答えたお金で、何をしてイライラを解消するかと質問したところ、回答者152人のうち、約半数の人が飲食をして解消すると答えている。

この人になら怒られてもいい、怒られたいと思える有名人は?という質問では、「誰であっても怒られたくない」と答えた人が449人中291人となった。怒られてもいい、怒られたいと思える有名人の1位を見てみると、結果は「マツコ・デラックスさん」(24人)となっている。理由には、正しいことを言ってくれそう、厳しいけど優しそうなどが挙げられた。

2位は北野武さんと松岡修造さん。同協会は、マツコ・デラックスさんが1位になったのは、売れる前に苦労したことが根にあるため、常に弱者を思いやる姿勢が高評価に繋がったと考えている。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top