【格闘技】最強王者が消えたライトヘビー級、次のチャンピオンは誰だ…UFC187 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【格闘技】最強王者が消えたライトヘビー級、次のチャンピオンは誰だ…UFC187

スポーツ 短信

5月23日(日本時間24日)にラスベガスのMGMグランドガーデンで開催される、総合格闘技イベント『UFC187』ではミドル級とライトヘビー級のWタイトルマッチが組まれている。

当初ライトヘビー級は王者ジョン・ジョーンズと、アンソニー・ジョンソンとの間でタイトルを争う予定だった。だがジョーンズが4月に交通事故を起こし現場から逃走。翌日出頭して逮捕された。この事態を重く見たUFCはタイトル剥奪と無期限の出場停止処分を科した。

空位となった王座を争うのは現在9連勝中のジョンソンと、今年1月のタイトルマッチでジョーンズに敗れるまで15勝無敗だったダニエル・コーミエ。コーミエにとっては、再起戦が2試合続けてのタイトルマッチということになる。

ともにレスリングをベースとする両者。ジョンソンはジュニアカレッジ時代に全米王者に輝いているが、オリンピック代表にも選ばれたコーミエのほうがレスリングでは上か。ジョーンズ戦ではテイクダウンを奪えず、逆に疲れが出た後半、立て続けに寝かされる屈辱の敗北。今度こそレスリングエリートの実力を見せたい。

ウェルター級やミドル級で体重超過を繰り返し、一度UFCからリリースされたジョンソン。階級を適正体重のライトヘビーに上げて戻ってきた。最近の試合では、火がついたら止まらない爆発力で一気に相手を飲み込んでおり、調子づかせると早い回でのKO決着もありえる。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top