大阪城落城から400年…「大阪城天下泰平の灯」に吉本新喜劇やRONIN5らが登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大阪城落城から400年…「大阪城天下泰平の灯」に吉本新喜劇やRONIN5らが登場

エンタメ 話題

「大阪城天下泰平の灯」が大阪城落城の日となる5月7日に開催
  • 「大阪城天下泰平の灯」が大阪城落城の日となる5月7日に開催
  • PR部隊の「大阪RONIN(ろにん)5」
  • 「大阪城天下泰平の灯」点灯式の様子
  • 吉本新喜劇の内場勝則さん(右)や浅香あき恵さん(中央)
  • 大阪城天守閣館長の北川央さんと歌手のリピート山中さん
大坂の陣400年天下一祭、夏の陣2015のコアイベント「大阪城天下泰平の灯」が大阪城落城の日となる5月7日、大阪城本丸広場で開催。PR部隊の「大阪RONIN(ろにん)5」や吉本新喜劇の内場勝則さん、浅香あき恵さんらが出演しセレモニーを盛り上げた。

大阪城が落城した慶長20年(1615年)の5月7日は、戦乱の世に終止符が打たれ、天下泰平の世が訪れた日となる。会場では最初に大阪RONIN5による演武があり、きらびやかな衣装に身を包んだ真田幸村(役=井上拓哉さん)、後藤又兵衛(役=岩崎真吾さん)、長宗我部盛親(役=吉本考志さん)、毛利勝永(役=中山義紘さん)、明石掃部(役=永井礼佳さん)たちが迫力のパフォーマンスを演じた。

大阪の陣400年スペシャルトーク&ライブでは、大阪城天守閣館長の北川央さんと歌手のリピート山中さんによる歴史的背景や秘話、豊臣秀吉辞世の句「露とおち 露と消えにしわが身かな難波のことも 夢のまた夢」を詩に入れた楽曲「さめやらぬ夢」が披露された。

点灯式ではそれぞれの願いが書かれた行灯に点灯。いずれも大阪の発展や平和が続いていくことを願う内容だった。

大阪夏の陣400年天下一祭は今後も府内各所でイベントを開催。次回は5月23日から2日間、万博記念公園の「大阪夏の陣2015 in万博」で開催される。
《》

編集部おすすめの記事

page top