【テニス】セリーナがストレート勝ちで女子シングルス8回目の優勝…マイアミ・オープン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【テニス】セリーナがストレート勝ちで女子シングルス8回目の優勝…マイアミ・オープン

スポーツ 短信

セリーナ・ウィリアムズ(2015年4月4日)
  • セリーナ・ウィリアムズ(2015年4月4日)
  • セリーナ・ウィリアムズ(2015年4月4日)
  • セリーナ・ウィリアムズ(右)とスアレス・ナバロ(2015年4月4日)
  • セリーナ・ウィリアムズ(2015年4月4日)
  • スアレス・ナバロ(2015年4月4日)
テニスのマイアミ・オープンは4月4日、女子シングルス決勝戦が行われた。第1シードのセリーナ・ウィリアムズが第12シードのスアレス・ナバロを6-2、6-0のストレートで下し優勝。セリーナはマイアミ8度目の栄冠を手に入れた。

女王セリーナは序盤からナバロを圧倒し続け、付け入る隙を与えない完勝だった。第1セットはファーストサービスが入ったとき、ポイント獲得率100パーセント。4本のエースも決め、1度もナバロにブレークポイント与えなかった。

第2セットに入っても勢いは衰えず、強烈なサーブと多彩なショットでナバロを翻弄する。今大会ここまで苦しみ続けてきたサーブが持ち直したことにより、セリーナは自信を持って伸び伸びとプレーできた。一方のナバロは大舞台で緊張したか動きが鈍く、決勝まで勝ち上がってきた勢いが感じられなかった。

3度のブレークチャンスすべて決めたセリーナが格の違いを見せつけ、ツアー通算66個目のタイトルを獲得した。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top