【プロ野球】ジャッジめぐりソフトバンク・工藤監督が猛抗議「それでは選手が困ってしまう」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】ジャッジめぐりソフトバンク・工藤監督が猛抗議「それでは選手が困ってしまう」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武プリンスドームで行われた4月3日のソフトバンク対西武戦。試合は7-3でソフトバンクが勝利した。開幕から無傷の5連勝を続けていた西武が初めて止まったが、この試合は八回に大きな山場があった。

八回表2-3と1点リードされた状況からソフトバンクの攻撃。先頭の柳田悠岐は直球を空振りして三振。続く内川聖一がヒットで出塁。1アウト一塁の場面でそれは起こった。

李大浩は4球目を打ち打球がセンターに上がる。秋山翔吾は前進して飛びつきキャッチ。ダイレクトで捕球したかワンバウンドか微妙な判定だが、ここで三塁塁審はアウトのジャッジ、これを見て内川は一塁へ戻る。ところが一塁塁審はワンバウンドのジャッジ。

自分ではダイレクトでキャッチした自信があったのだろう。秋山は一塁方向へ投げようとしていたが、塁審のジャッジを見て二塁に投げた。これで内川はアウトになり、一塁ランナーが李大浩に入れ替わる。

これにソフトバンク・工藤公康監督はベンチから飛び出し猛抗議。「2人の審判が違うジャッジをしたら選手は困る。誰が打球判断をするか明確に」と、ワンバウンドならワンバウンド、ダイレクトならダイレクトで意思を統一して欲しいと求めた。

結局この判定はワンバウンドで一塁走者の内川が二塁アウト、李大浩にはセンターゴロが記録された。

この判定にファンからも「ダイレクトキャッチでアウトを宣言したからランナーの内川は1塁に戻ったのに、やっぱりワンバウンドキャッチだからセンターゴロで2塁アウト! はどう考えてもおかしい」「多分即ワンバウンドキャッチ判定されてもセカンド送球されたらアウトだったかもしれないとはいえ、完全に審判による誤審」など、納得できないといった声が多い。

試合は5分近く中断され再開。これでマウンドの増田達至はリズムを崩したか、中断前に比べ制球が甘くなり、ソフトバンク打線の猛攻につかまる。長谷川勇也のヒットと松田宣浩への敬遠気味なフォアボールで2アウト満塁。

打席には六回の守備から入っていた高谷裕亮。2球目の甘く入ったボールを打ち返し、前進守備の右中間を深々と破る走者一掃のツーベースヒット。昨年1本もヒットを打てなかった高谷にとっては、なんと2年ぶりのヒットが殊勲の決勝打。

これで勝ち越したソフトバンクが西武の連勝を止めた。

途中に微妙な判定もあったが、最後は打線のつながりで試合を決めたソフトバンク。西武の独走を許さない勝利には「摂津投手!今シーズン初勝利おめでとうございます!」「監督がこれだけがんばってる姿を見るとほんとに選手の皆さんも士気が上がりますよね」「摂津投手、最初はどうなるかと思いましたが、その後はナイスピッチングで今シーズン初勝利おめでとうございます」など、ファンからも多くのコメントが寄せられた。

2015年4月3日 試合結果 ホークス 7-3 ライオンズ高谷選手の走者一掃タイムリーツーベースで逆転勝利!攝津投手が勝利投手!http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/hero/2015040301/

Posted by 福岡ソフトバンクホークス on 2015年4月3日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top