【テニス】錦織、イスナーに完敗で2年連続ベスト4逃す…マイアミ・オープン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【テニス】錦織、イスナーに完敗で2年連続ベスト4逃す…マイアミ・オープン

スポーツ 短信

錦織圭(2015年4月2日)
  • 錦織圭(2015年4月2日)
  • ジョン・イスナー(2015年4月2日)
  • 錦織圭(2015年4月2日)
  • 錦織圭(2015年4月2日)
テニスのマイアミ・オープン(ATP1000)男子シングルスは準々決勝が4月2日に行われ、錦織圭がジョン・イスナーと対戦。2年連続ベスト4の期待もかかった錦織だが、イスナーのサーブを攻略できず4-6、3-6のストレートで敗れた。

錦織にとっては不運なポイントの取られ方もあった。第1セット第10ゲーム。それまで互いにゲームキープしながら我慢のテニスを続けてきた錦織が、ミスで0-40と相手にブレークポイント握られてしまう。ここでイスナーのストロークがネットに掛かりながらインし、初ブレークを許してセットも落としてしまった。

身長2メートル8センチから打ち下ろす高速サーブが武器のイスナーだが、今日の彼はそれだけでなかった。サーブを意識させながらストロークでも左右に振り回し、リターンは錦織の11本を超える24本決めて見せた。

これには錦織も、「今日はサーブだけでなくすべてのショットが良かった。こういう試合では自分のゲームをキープしなければ勝ち目がない」と、ツボにハマったビッグサーバーの手強さを口にした。

【錦織、イスナーに完敗で2年連続ベスト4逃す 続く】
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top