【プロ野球】投打に圧倒した中日が快勝…巨人は内野の守備に不安を残す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】投打に圧倒した中日が快勝…巨人は内野の守備に不安を残す

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
前日の試合で2015年シーズン初勝利を挙げた中日。4月1日はナゴヤドームでの対巨人2回戦を行い、序盤から得点を積み重ね9-0で圧勝した。

中日は巨人先発の大竹寛から初回いきなり、先頭打者の大島洋平がスリーベースヒット。続く亀澤恭平のタイムリーヒットで早くも先制する。

巨人は今シーズンから阿部慎之助をファーストへコンバートしているが、二回その阿部に守備でミスが出た。2アウト二塁、三塁から大島がサードへゴロを打ち、捕球した村田修一が一塁に送球。このボールが低くなり、阿部がミットを合わせられず後逸。阿部に捕球ミスでエラーがついた。

この前のプレーで村田はバント処理で連携を欠き、三塁でアウトにできた機会を逃していた。そのときに進められたランナーがホームへ生還する。阿部、村田とも攻守に精彩を欠き、打っては阿部が3打数1安打1三振、村田は3打数ノーヒットで2三振だった。

この後も毎回のように得点を積み重ねた中日。本拠地に詰めかけたファンの前で大差勝ちを見せた。中日は先発・吉見一起が6回2安打無失点の好投を見せ、約2年ぶりの勝利投手になった。

トミー・ジョン手術からの完全復活を目指す吉見にファンから、「流石だね~、吉見が投げると落ち着く」「気持ちいい試合だった」「吉見→浅尾のリレーは泣けました!」「最高のゲーム。明日も勝ってほしいね!」「吉見、浅尾が戻ってくると投手陣が引き締まる感じがします」など、温かい声援が送られる。

2014年シーズンは登板3試合で未勝利に終わった吉見。今年こそエース復活に期待がかかる。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top