横浜マラソンで著名人3人が感じた大会の姿…間寛平、谷原章介、石原良純 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜マラソンで著名人3人が感じた大会の姿…間寛平、谷原章介、石原良純

イベント スポーツ
石原良純さんと谷原章介さん
  • 石原良純さんと谷原章介さん
  • 間寛平さん
  • 横浜マラソン2015
  • 間寛平さん
  • 間寛平さん
  • 間寛平さん
  • 間寛平さん
  • 間寛平さん
3月15日に行なわれた神奈川県横浜市初の市民参加型フルマラソン「横浜マラソン2015」。今回は様々な著名人がゲストランナーとして走ったが、それぞれ今回のイベント、そしてマラソンにどのような魅力を感じたのだろうか。

同大会は10kmのショートと、42.195kmのフルマラソンが行なわれた。ショートにはお笑い芸人の間寛平さんと、俳優の谷原章介さんが参加した。

先にゴールしたのは寛平さん。「もうヘトヘトですわ。みんなのペースが速い。でも沿道の方々やランナーの方々が僕を押してくれて、そして引っ張ってくれていつの間にかゴールしてました。みんな優しい」と笑う。「ホンマに限界やったけど、みんなの応援があったからゴールできた」とコメントした。

その数分後に谷原さんが完走。「何度も棄権しようと思いました。息は持ったのですが、ヒザと腰がすごく痛くて。やはり普段から走らないとダメですね」と話す。しかし「10kmはすごく長いのだろうなと感じていましたが、沿道の方々の応援もあって楽しく走れました。今回は“10kmを走りきる”ことを目標にしていたので、タイムにはこだわらなかったのですが、次はぜひ1時間切りで走れたら良いなと思います」と前向きの発言。フルマラソンについても「挑戦してみたい」とのこと。

一方、フルマラソンに参加した俳優の石原良純さん。フルマラソンで自身初の“4時間切り”に成功した。ゴール直後「やりました。本当に嬉しい。市民ランナーは4時間を切ることがひとつの夢なんです。今回は夢が叶いました」と笑顔を見せる。「10km以降はずっと苦しかったのですが、35km位から4時間切りが見えてきました。それ以降は“今回のチャンスをモノにしなければならない”と頑張りました」

今回のフルマラソンのコースには、首都高速道路が日本で初めて組み込まれた。コースについて石原さんは「景色も良くて本当に良いコースです。首都高も広くて走りやすかった。今日は天候にも恵まれ、絶好のマラソン日和でしたね」とコメントした。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top