ミス・ユニバース日本代表がハーフで議論も「謙虚さが日本人らしくてOK!」など | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ミス・ユニバース日本代表がハーフで議論も「謙虚さが日本人らしくてOK!」など

エンタメ 話題
宮本エリアナさん紹介動画(MUJ2015 動画共有サイトよりスクリーンショット)
  • 宮本エリアナさん紹介動画(MUJ2015 動画共有サイトよりスクリーンショット)
3月12日に都内で「2015ミス・ユニバース」日本代表の最終選考会が行われ、日本代表の座に輝いたのは長崎県代表の宮本エリアナさん。

ファイナリスト44人の中で日本代表の座についた宮本エリアナさんは「ハーフの私でいいのかなという不安もあった」と話したという。

宮本さんは母が日本人で父がアメリカ人のハーフ。十代のころはアメリカへの留学経験もあるという。1952年に始まった世界で最も歴史あるコンテスト「ミス・ユニバース」に宮本さんは日本代表として参加する。

過去日本代表は、「ミス・ユニバース」において優勝・準優勝などの好成績者を多数輩出しており、ハーフの宮本さんがどこまでたどり着けるか注目の声があがっている。

「海外へのアピールにはこれくらいの転換が必要なタイミングだったのかな?」
「謙虚さが日本人らしくてOKだわ!」
「日本の顔立ちじゃないもん。。。複雑。」
「いろんな肌やいろんな目の色の日本人がいてもいいんだ。」
「こういう謙虚な事を言えるのが日本人なんです。」

様々な論議が交わされている様子だが、宮本さんの謙虚な姿勢に好印象を持っている人も多いようだ。


《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top